トップ > ストレスとは > ストレスが生じるのは?

ストレスが生じるのは?

ストレス、ストレスとよく言われますが、いったいストレスってナンなんでしょう?

ストレスの原因はストレッサーという刺激と定義したのがカナダの生理学・病理学者ハンス・セリエです。
まずはストレッサーの種類と内容を知っておきましょう。

ストレッサーの種類

ハンス・セリエはストレスという言葉を「寒冷、外傷、疾病、精神的緊張などが原因となって、体内に生じた非特異的な防御反応」と定義しました。 その反応を起こす刺激を「ストレッサー」、刺激に対して歪んだ状態を「ストレス」としています。例えばボールは指で押すとへこみますが、押すと言う刺激がストレッサーでへこんだ状態がストレスという事です。

ストレス

ストレスの原因、ストレッサーは仕事や人間関係など様々で、ストレッサーは外部的刺激(寒冷や外傷)と内部的刺激(精神的緊張)に大きく分けられます。
外傷などのストレッサーからくるストレスは、怪我が治れば自然とストレスも無くなりますが、対人関係や多忙な仕事からくる不安や焦りなど、心に関わるストレッサーが原因の場合は、簡単には回復しません。
これらは「心因性ストレス」と言って、現代人なら誰でもが抱えている心のトラブルなのです。

ストレッサーの種類と内容

表にしてみました参考にして下さい。

物理的ストレッサー 温熱、寒冷、高圧、低圧
環境的ストレッサー 騒音、照明、空気汚染、振動
社会的ストレッサー 多忙な仕事、残業、夜勤、重い責任、借金
肉体的ストレッサー 病気、怪我、不規則な生活、睡眠不足
精神的ストレッサー 家族知人などの病気や死、失恋、解雇、倒産、挫折
人間関係的ストレッサー 職場や家族・親戚・近所・友人とのトラブルなど
この記事のカテゴリーは「ストレスとは」です。
そもそもストレスとは何なのか?ストレスの原因ストレッサーの種類と内容から様々なストレスを分析して、あなたに当てはまっているストレスを分析!、ストレス解消に役立ててください。
関連記事

ストレスに陥りやすいタイプ

ストレスをまともに受けてしまうのは、その人にストレスに対する適応能力が欠けている...

ストレスへの対策

自分のストレスの原因が何かが分かったら、次にそれにどう対処していくかを考えて見ま...

ストレスの原因

ストレスにさらされ、またストレス状態が長く続くと社会生活にもトラブルを及ぼしたり...

ストレスと体調の変化

過剰なストレスによって自律神経が乱れると体調に変化が現れます。ストレス加わると、...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

サイト内検索
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加