トップ > 働く人の最近のシンドローム > ピーターパン症候群

ピーターパン症候群

仕事や職場で最近良く見受けられるシンドロームについて言及しています。

ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ピーターパン症候群

若い人に見られる状態で「いつまでも大人になりたくない」という願望が強く、社会との関わりができなくなる。その結果、責任感や決断力が持てず、社会に適応できなくなってしまう。

心理学的アプローチ

ピーターパン症候群の心理学的な特徴としては、言動が子供っぽいという事のほかに、精神的・社会的・性的な問題をはらんでいるという事が挙げられる。ここで問題にされる男性は、人間的に未熟でナルシズムに走る傾向を持っている。このほかカイリー博士によれば"ピーターパン"は無責任で・反抗的で・怒りやすく・依存的で・ずるがしこく、そして価値観が世間一般のものや法律を飛び越している。博士はまた、"ピーターパン"は年齢的には大人の男性である“少年”で、母親に甘えている時や甘えたいと欲している時に、母性の必要を演じる傾向があるとも述べている。
博士は著作の中で、映画でJ・M・バリーが演じたピーターパンの性格を機能不全で誰かに頼らざるを得ない家族になぞらえて説明した。

この記事のカテゴリーは「働く人の最近のシンドローム」です。
仕事場、職場で見られる最近の代表的なシンドロームを例に挙げます。
関連記事

出勤困難症

仕事や職場で最近良く見受けられるシンドロームについて言及しています。 ご自身の健...

帰宅拒否症候群

仕事や職場で最近良く見受けられるシンドロームについて言及しています。 ご自身の健...

サンドウィッチ症候群

仕事や職場で最近良く見受けられるシンドロームについて言及しています。 ご自身の健...

朝刊シンドローム

仕事や職場で最近良く見受けられるシンドロームについて言及しています。 ご自身の健...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

サイト内検索
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加