トップ > ストレスの症例とアドバイス > 心の悲鳴・ケースF-シンデレラ・コンプレックス

心の悲鳴・ケースF-シンデレラ・コンプレックス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現れている事が多くあります。これは心が発信したSOSです。色々なストレスの症例を参考にして、あなたのストレス探っていきましょう

いつか王子様がやってくる・・・、はず?

総合職Fさん 29歳女性

ストレス

キャリアをつけることを目指して働くFさんは、上司や先輩に目をかけられてきました。そして1年前、ついにリーダーに推されましたが、やる気満々もつかの間、不安が取り巻いている自分に気づきます。
同期の女性が結婚退職する一方で、仕事面で部下にリーダーシップが取れない自分を責め、焦りを感じていたのです。

さらに最近では、コンピューターの前に座るだけで、頭痛や肩こり、目もぼんやりしてきて「もしかして病気?」と不安になりました。
そこで精密検査を受けましたが、どこも悪い所は無く、心療内科を紹介されたのです。

シンデレラ・コンプレックス

ストレス

自立できない女性の依存心はシンデレラ・コンプレックスです

女性の社会進出が目立っている中で、自立できずに、自分の人生を変えてくれる王子様を待つ女性を「シンデレラ・コンプレックス」と呼びます。このタイプは物事が上手くいかないと不安になり、助けてくれる男性に依存したい気持ちが強くなって、その欲求から、心身のバランスが崩れるのです。

Fさんはお兄さんがいて、両親からもとても大事にされて育ちました。欲しい物は与えられ、大切な決断の時は家族に決めてもらってきました。

そんなFさんに後輩を指導する立場がめぐってきて、今までに無い経験に戸惑っていたのです。そのストレスが頭痛や眼精疲労という症状に・・・
入院した所二日間で治りましたが、それは主治医が彼女の王子様になっただけで、依存心の改善にはなりません。本当に支えとなる人が現れるか、または、自分を変えなければ、また同じ症状に悩まされてしまいます。

この記事のカテゴリーは「ストレスの症例とアドバイス」です。
心が発しているSOSを早急に察知!ケーススタディでまずは色々な症状を見てみます。その上で健全と思える改善策を提案します。ストレスは目に見えませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現れる事が多くあります。これは心が発したSOS。ケーススタディで参考例と改善策を見ていきます。
関連記事

心の悲鳴・ケースG-テクノストレス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースF-シンデレラ・コンプレックス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースE-胃痛

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースD-肩こり

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

サイト内検索
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加