トップ > ストレスの症例とアドバイス > 心の悲鳴・ケースC-便通異常

心の悲鳴・ケースC-便通異常

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現れている事が多くあります。これは心が発信したSOSです。色々なストレスの症例を参考にして、あなたのストレス探っていきましょう

便通異常と腹痛が起きる

流通関係勤務Cさん 27歳男性

ストレス

「もっとやりがいのある仕事がしたい」と、事務職から転職したばかりのCさんは、朝、家を出る直前になると必ずトイレに行きたくなるのに気づきました。はじめは「ビールの飲みすぎかな」と気にも留めなかったのですが、毎朝下痢が続き、次第に食欲が無くなり体重も減少。快速電車に乗るとトイレに駆け込めないので、各駅停車に乗るようになり、仕事をしていてもトイレのことが頭から離れず、仕事の能率が落ちてきました。

そんな時、新聞の記事でストレスからくる胃腸の病気を知り、病院を訪ねました。

過敏性腸症候群はストレスが原因

ストレス

Cさんは腹痛を伴って下痢や便秘が続く“過敏性腸症候群”でした。便通異常には下痢型と便秘型があり、下痢型の人は精神的に緊張すると下痢しやすく、ひどくなるとトイレに行きたくなったらどうしようと不安になり、外出や乗り物に乗るのが怖くなってしまう事もあります。便秘型の人は、排便してもウサギの糞のようにコロコロそた便で、腹痛や腹部に不快感があり、排便後もすっきりとしません。下痢と便秘が交互に来る場合もあります。

Cさんの場合は、冷たいものや刺激物の取りすぎを避けるといった生活改善のほかに、下痢を起こした自分のストレス原因を探る事が大切です。真面目な性格のCさんだったので「無理に頑張らなくても、自分の出来る事からやればいいんだ」と上手に気持ちを切り替えました。暫くしてCさんは身体の調子も良くなり、元気に働くようになっています。

この記事のカテゴリーは「ストレスの症例とアドバイス」です。
心が発しているSOSを早急に察知!ケーススタディでまずは色々な症状を見てみます。その上で健全と思える改善策を提案します。ストレスは目に見えませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現れる事が多くあります。これは心が発したSOS。ケーススタディで参考例と改善策を見ていきます。
関連記事

心の悲鳴・ケースG-テクノストレス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースF-シンデレラ・コンプレックス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースE-胃痛

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースD-肩こり

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

サイト内検索
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加