トップ > ストレスの症例とアドバイス > 心の悲鳴・ケースA-息苦しい

心の悲鳴・ケースA-息苦しい

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現れている事が多くあります。これは心が発信したSOSです。色々なストレスの症例を参考にして、あなたのストレス探っていきましょう

突然息苦しくなって救急車を呼ぶ騒ぎに・・・

デパート販売員Aさん 32歳男性

ストレス

デパートで働くAさんは、売り場が変わってから動悸や吐き気、手足の痺れに悩んでました。
新しい売り場のスタッフとも馴染めず、仕事が苦痛になってました。

ある日先輩上司から厳しく注意を受け、不快な気分のまま仕事を終えて、ストレス発散とばかりにパチンコ店へ出向きましたが・・・、結局3万円もスッてしまい、散々な一日になってしまいました。
その夜悶々としたまま眠れずにいると、突然息が苦しくなり、救急車を呼ぶ騒ぎになってしまいました。

狭心症の疑いも無く、原因はストレス

ストレス

病院では狭心症の疑いを持って検査しましたが異常無し。Aさん場合は、ストレス発散のためのパチンコでさらにストレスを増幅させたために救急車を呼ぶほどになったのです。結果、自律神経失調症を疑われ、心療内科の診察をすすめられました。

まず医師は、Aさんに不満を話してもらい、ストレスと身体が綿密に関係しあっている事を説明しました。
また、パチンコ以外のストレス解消法をアドバイスし、Aさんはパチンコを止めて水泳を始めました。

この記事のカテゴリーは「ストレスの症例とアドバイス」です。
心が発しているSOSを早急に察知!ケーススタディでまずは色々な症状を見てみます。その上で健全と思える改善策を提案します。ストレスは目に見えませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現れる事が多くあります。これは心が発したSOS。ケーススタディで参考例と改善策を見ていきます。
関連記事

心の悲鳴・ケースG-テクノストレス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースF-シンデレラ・コンプレックス

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースE-胃痛

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

心の悲鳴・ケースD-肩こり

ストレスは目に見えてませんが、実は肩こりや頭痛、胃痛、不眠と言った具体的な形で現...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月09日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「ストレス対策」です。2007年09月01日に更新しました。

サイト内検索
RSS登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

エキサイトリーダーに登録

ivedoorリーダーに登録

はてなRSSに追加